太田診療所

太田診療所(京都市右京区) 内科 消化器内科 呼吸器内科

HOME >  インフォメーション  > 病気のお話コラム

病気のお話コラム

  • 病気のお話コラム

    いつまでも元気で健康な身体でいるためには、規則正しい生活習慣とバランスの良い食生活を送ることが大切です。そして、次に大切なことは体の不調を感じたら、「仕事が忙しいからなかなか時間が取れなくて・・・」「お医者さんはちょっと苦手で・・・」と思って先に延ばさずにできるだけ早めの受診をして下さい。
    不安を抱えたまま毎日を過ごすのは、楽しいものではありませんし、早期発見、早期治療をして頂くことが回復への一番の早道です。当診療所は、地域のホームドクターとして皆様がいつも元気で頂けるように健康を守るお手伝いをさせて頂きます。

第9回 脂肪肝について

脂肪肝について

病気のお話1~肝臓病~でお話ししましたように、肝臓に障害をおこす原因にはいろいろのものがあります。そのなかでも、検診や人間ドッグで最も多く見られる肝機能異常が脂肪肝です。

脂肪肝とは肝臓全体の3割以上の細胞のなかに中性脂肪がたまった病態であり、いわゆるフォアグラ状態です。肝臓の周囲に脂肪がついている状態ではありません。ですから、確定診断には肝臓の細胞を針でとる肝生検が一番ですが、簡単にできる検査ではありません。代わりにする簡単な検査が上の写真に示した腹部の超音波検査です。この写真は脂肪肝の患者さんのものですが、肝臓が腎臓にくらべて白く見えます。この所見は脂肪肝に特徴的なので、これだけで脂肪肝と診断してもほぼ間違いはありません。

脂肪肝の原因にはアルコール性と肥満や糖尿病などの過栄養状態にともなう非アルコール性があります。アルコール性のものは症状が進むと肝硬変になることもありますが、非アルコール性のものは肝硬変などの重い肝臓病になることはなく、肥満などの原因がなくなれば正常の肝臓になるとされてきました。

しかし、最近になりアルコールを全く飲まなくてもアルコール性脂肪肝のように病気が進んで肝硬変にまでなる人がいることがわかってきました。この病気を非アルコール性脂肪性肝炎とよび、非アルコール性脂肪肝の10%を占めます。非アルコール性脂肪性肝炎の原因はまだはっきりとはしていませんが、肥満や糖尿病が関係していることは確かなようです。ですから、脂肪肝と言って軽く考えず、初期からしっかりと治療してゆくことが大切です。

診療時間

午前9:00~12:00
午後5:15~7:30
胃カメラなど予約検査は午前8:30から 休診…木曜日午後・土曜日午後・日曜祝日
お電話でのお問合わせ 075-461-7568